中型犬や大型犬の犬種別において気を付けるべき点とは

これから犬を飼い始める方にとって小型犬は人気の犬種だといえます。しかし、中型犬や大型犬といった犬種も根強い人気があり、飼ってみたい方も多いと思います。今回は中型犬や大型犬といった犬種を飼う際に気を付けるべき点を説明していきたいと思います。

ライフスタイルの重要性

中型犬や大型犬にはそれぞれの特徴があるので、飼い主のライフスタイルを考慮した上で、飼う犬種を選定する必要があります。犬は本来、群れで生活する動物なので、一人暮らしの場合は我慢強い犬種を選ぶ必要あります。また都会や集合住宅であれば、周りへの気遣いも必要になりますので、吠えなくて大人しい犬種を選ぶ必要があります。このように飼い主のライフスタイルは、犬を飼う際に中型犬や大型犬の特徴を踏まえた上で、選定する必要があるといえます。

中型犬の特徴

中型犬は飼い主に従順で、知性が高いのが特徴です。飼い主への従順性が強すぎることにより、他人への素っ気なさが見受けられたり、警戒心の強さから吠えることの多い犬種もいます。中型犬は健康な個体も多く、使役犬として活躍する犬も多いといえます。従順性が高く、環境に慣れやすい性格の中型犬は飼いやすい犬種だといえるでしょう。

中型犬を飼う際の注意点

運動量が多く、活発な中型犬は狭小住宅には向いてません。運動不足にならないように、動き回れるだけのスペースを家屋に求める必要がでてきます。

大型犬の特徴

大型犬は頭が良く、体力があるのが特徴です。穏やかで社交的な犬が多いので、しつけがしやすい犬種ともいえます。

大型犬を飼う際の注意点

大型犬は1日1時間の運動でも足りないぐらいの運動量となり、運動不足はストレスの原因にもなるので注意が必要です。また暑さに弱く、住環境を整えてあげることが重要です。身体が大きいので、内臓にも負担が掛かりやすく、寿命が短くなりがちなので、あまり負担にならないようにする必要があります。また体毛が長い犬も多いので、こまめなブラッシングやカットをする必要もあるでしょう。

まとめ

中型犬と大型犬にはそれぞれの特徴があり、それぞれの特徴と自分のライフスタイルを照らし合わせた上で、飼う犬種を選定する必要があります。犬種によって住環境はとても重要ですので、犬にとってストレスにならないような住環境かどうかも見定める必要があるでしょう。はじめて犬を飼う方は、従順性が高く、育てやすい中型犬がおすすめだといえるでしょう。