これから犬を飼う方必見!どのようなドッグフードを選べば良いのか解説

子犬にとって食事はとても重要なものであり、これから犬を飼い始める方は、どのようなドッグフードを選べば良いのかわからないことも多いと思います。ドッグフードによって、愛犬の寿命を左右するといっても過言ではありません。今回は子犬に与えるドッグフードをどのように選べば良いのか説明していきたいと思います。

ブラックウッド社のドッグフード

ブラックウッド社のドッグフードは製造工程において、添加物や保存料、着色料などは一切不使用なのが特徴です。他成分として良質のタンパク質、脂肪、各種ミネラル、ビタミンE、ビタミンD3、カルシウム、亜鉛等がバランスよく配合されており、アメリカのトップブリーダーより根強い支持を受けている商品です。多くの犬種の健康面を第一に考えられており、愛犬家が自分の愛犬のためを考えて生まれたドッグフードなのです。

注意すべき不透明で危険な原材料

国内のドッグフードは原料のガイドラインが緩弱で、どんな物でも混入でき、粗悪な原材料を使用している製品が意外に多いことがあります。また原料の加工過程で強力な化学薬品などを使用している可能性があり、無意味(バランスの悪い)な栄養素添加を行っている製品も多くあります。こうした使途不明な原料を使用しているドッグフードには注意が必要です。

肉副産物

原料として使われる動物の肉は、生産段階で抗生物質・発育促進剤など化学薬品を使用しても表示の義務はありません。このような人間の食用として使うことが出来ない内臓器などの部位(肉副産物)を使っている事もあり、肉副産物は、家畜の成長や病気予防のため使用された抗生物質などの有害成分が多く体積している可能性が高いといえます。

農薬漬け穀物

ドックフードに使われる穀物は、人間が食用に出来ない物や生産効率を上げるために非常に濃度の高い農薬を利用している事があります。人間が食用に出来ない穀物を粉末にした、穀物末粉というものの混入もあり、有害性が確認されていない場合もあります。

不要な塩分

ドッグフードに必要な塩分は、「原料に含まれているもので十分」と考えてられていますが、製品の中には、食いつきを良くするために必要以上の塩分を加えている物があります。過剰な塩分は、犬への内臓器官の影響・皮膚病など外的疾患を与えてしまう場合があり、健康被害が懸念されます。

添加物・保存料

腐敗や酸化、カビ予防のためや食いつきを良くするために添加物・保存料を混合している物があります。酸化防止のために酸化防止剤を使用していることもあり、発ガン性・毒素の高いものもあり、人間の食用で禁止されているものもあります。こうした添加物は、子犬の体内に蓄積されて、内臓器官系疾患の発症やガン発症率の上昇に繋がる場合もあります。

まとめ

ドッグフードに含まれる原料において、不透明な原料が使用されている場合も多く、健康被害に繋がる恐れがあるものもあります。子犬を新たな家族の一員として迎え入れ、共に成長していく上で、ドッグフードはとても重要だといえます。これからも新たな家族が健康であるために、ドッグフードは添加物や保存料、着色料などが一切不使用のものをおすすめします。